スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
病院へ直行
2008 / 07 / 30 ( Wed )
今日もだんな様の調子が良くありませんでした。

朝起きたときは、出勤の準備ができるくらいの状態だったのですが、いざ家を出る時間になると急にひどい頭痛が起こってしまいました。

今回は、左手が不自然に痙攣を起こす症状も出てきたため、すぐに病院へ。
色々検査をしたのですが、どこも異常なし。

・・・結局、疲れやストレスが原因の偏頭痛のひどいもの・・・という結論に。

朝イチから午後2時頃まで病院に缶詰状態だったので、もちろんトレードなし。
家に帰ってからも、なんだか疲れてしまいパソコンを開くことも出来ませんでした。

病院へは彼の両親が車で彼を連れて行き、私は会社へ連絡した後、別の車で追いかけることに。
2台で行ったほうが何かと都合がいいと思ったためです。

ただ大切な一人息子だということは分かるのですが、36歳の大人の男性に両親と妻の3人が付き添うとは・・・我に返るとちょっと恥ずかしかったですsc04

ただ二人の必死さを見ると、来るなとも言えず・・・。
結婚当初は、この感覚が理解できなくて、だんな様の両親が甘やかしすぎだとか構いすぎだとかと言って腹を立てていました。
あまりに情けなくて、実家に泣きながら電話したことも・・・(笑)。
若かったなぁ・・・って、たった3年前だけど。

実際、お義理母さんに「親が構うから、甘えるんだ。構いすぎだ。」などと面と向かって言ったこともあります。
それがお義理母さんをひどく傷つけ、悩ませたことを後で知りました。
また私の母親には「懸命に育ててきたとこに対して何も知らないあなたが批判してはいけない」と後で諭されて、そうだなぁと思ったことも・・・。

結婚とは二人だけのことではなく、その人の生い立ちからすべて認めて成り立つものなのだなぁと思います。
両親、彼の親戚、すべてが彼を作り上げてきた土台で、そのすべてを受け入れなくてはいけません。
いいことも悪いことも・・・それが結婚したばかりの頃はわからなかったんですよね。

とは言うものの、今でも、こういう状況になると違和感が拭えない気持ちになるのは事実なのですが(私の両親は徹底した放任主義。20歳を過ぎたら、全て自分の責任でやれ!という人なので。)、かといって彼の両親の愛情を否定もできません。

まぁ、ごちゃごちゃ言いましたが、結論を言えば彼がしっかりと元気に仕事をしてくれればいいだけのこと。
明日こそは元気に出社してほしいです。
いや、きっとしてくれるはず。
笑顔で送り出す自分の姿を想像しながら、今夜は眠りたいと思います。

最後に一言だけ言わせてください。

はーっ、疲れたっ(笑)。
では、おやすみなさい。
スポンサーサイト
23 : 32 : 26 | 毎日の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<不安がムクムク | ホーム | 頭痛復活しちゃった(泣) >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ketaka.blog96.fc2.com/tb.php/535-8d319a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。